大学生の多くが気になっているSurfaceについて解説します!

Surface Pro 4

多くの大学生がパソコンを購入しようしたときにSurfaceを一度は考えたと思います。でもパソコンのことは初心者でよくわからない方も多いと思います。
パソコン初心者の方にこれからSurfaceについて解決します。

Surfaceのおすすめできるポイント

SurfaceはWindowsOSを搭載した液晶タブレットとしては、画面サイズが12インチと大画面で操作し易いというポイントがあります。Windowsタブレットは、7インチまたは8インチ、大きいもので10インチが主流ですが、12インチとなるとWordやExcelでの作業もストレスフリーです。実際に使用すると、重量は非常に軽く、10.1インチのモバイルPCよりも300g程軽量であり、携帯性に優れています。鞄やリュックに入れての持ち運びも容易で、SIMフリーモデルであれば、外出先でのネットワーク通信も可能となり、インターンネットを使用しての作業も楽々熟せます。
ラインナップも多く、高性能モデルからミドルモデルまで幅広くあり、『SurfacePro3』ならアニメーション作成から動画編集まで行え、価格も10万円前半で購入出来るためおすすめです。
特にお絵かきソフトを利用して、イラストや漫画を描くのには十分な性能があるだけでなく、パソコンの様にペンタブレットを別購入しなくても良いというのは魅力的です。

Surface3にはMicrosft Officeは搭載されていませんので大学生の方は別途Officeを購入してインストールされることをおすすめします。大学生活で必要かわからない方は必要なときに購入してインストールして使うのもいいでしょう。

Surfaceのおすすめできないポイント

Windows10を搭載したことから、64bit版OSとなりSurface3やSurfacePRO3の一部モデルで性能が不足してしまいます。特にメインメモリとなるRAMが2GBのモデルだと、ソフトウエアを複数同時に立ち上げるとメモリ不足になってしまいます。RAM4GBのモデルでも、システムに約70%ほど、メモリ領域を使用されてしまいます。
Surfaceの最大のデメリットは、本体の拡張性が無いことであり、メモリ増設が出来ないところです。購入する際は、現在ではRAM8GB以上は必要となり、本体価格も一気に跳ね上がってしまいます。上位グレードのSurface4やSurfacePro4になると8GBや16GBといった選択肢があるものの価格が高いため、モバイルPCが買えてしまう金額です。
その他にも、専用キーボードの価格が高いという問題があり、専用品を購入するよりはUSB接続のキーボードを利用する方がコストパフォーマンスが高くなります。
また、パソコンの場合、仮想メモリを設定することが出来ますが、Surfaceでこの設定を行うと動作が不安定になるので、プログラムの設定変更は行わない方が良いです。

Surfaceを選ぶ上でのポイントは?


Surfaceは、RAMメモリやHDD容量の選択肢が幅広く準備されているものの、使用目的に合わせたモデルを選択するのが重要です。
特に、動画編集を行うという方ならRAMは最低でも8GB、予算に上限が無いという場合は16GBを選択するのがおすすめになります。
一方で、WordやExcelといった文書作成がメインであり、インターンネット検索や動画視聴といったユースであれば、上位グレードを選ぶのはおすすめしません。
これらの場合は、システムとソフトウエアが余裕を持って動作する程度のモデルを選択することで、購入費用を抑えることが出来ます。
さらに、自宅でのネットワークマシンやサブPCとして利用する程度という方であれば、より価格が安価なSurface3がおすすめです。Surface3ならWi-Fiモデルなら9万円以下で購入出来るため、コストパフォーマンスは非常に良くなります。

SurfaceのHDD容量は気にしなくて良い!大容量はおすすめしません

SurfaceはHDD容量を128GBから1TBまで選択できますが、本体に内蔵する容量は気にしないのがおすすめです、容量が増える程、本体価格が異常に高くなります。
HHD容量が1TBモデルともなると、価格が30万円近くなります。しかし、今では2TBのハードディスクが9000円以下で買えてしまうため、コストパフォーマンスは非常に悪くなります。また、WordやExcel、画像データを保存する程度であれば、大容量のフラッシュメモリを使用する方が携帯性も良くおすすめです。実際のところ、今では64GBのフラッシュメモリが2000円から3000円で購入出来てしまいます。
その他にも大容量HDDにしてしまうと、破損時の復旧に時間や費用が掛かるため、被害を最小限に抑えるという点でも注意が必要です。

まとめ

Surfaceはオフィスや自宅外で軽い作業を行う人には非常におすすめです。WordやExcel、インターンネット通信を利用する程度であれば、ミドルスペックのモバイルPCよりも携帯性が良く、バッテリー容量も十分と言えます。
また、イラストを描いたり、漫画を描いたりする方には非常におすすめであり、高性能なデスクトップパソコンとモニタまで購入する必要がありません。まさに絵を紙に書いているような感覚に近く、線描写も細かく行える上、ペインティングも快適に行うことが出来ます。

 

Surface

 

スポンサーリンク

 

関連ページ一覧

  • 【2018】大学生のための最新ノートパソコン

    2018年におすすめしたいノートパソコンを更新しました!
    中古ノートパソコンがランキング1位と2位になっていてスペックを確認したところ大学生活に欠かせないOffice搭載で3万円以下で購入できてi5搭載のハイスペックPCだったので紹介しています。

  •  

  • 【2017】大学生のための最新ノートパソコン3選

    2017年の大学生には低価格で軽い・コンパクトなノートパソコンをおすすめします!
    Officeを搭載しても5〜6万円台で購入できるので大学生から少し贅沢ですが2台持ちすることも可能です。
    社会人になってパソコンを持ち運びして使うようになれば必ずコンパクトサイズのノートパソコンが必要になるときがあるので持っていて損はありません。

  •  

  • 【2016】大学生のための最新ノートパソコン6選

    高スペック、中スペック、低スペックの順に紹介しています。
    スペックが低くなっていくごとにPCの価格は下がっていきますので自分の使う用途に合わせてノートパソコンを選んでいきましょう。
    中でも大学生に選りすぐりなノートパソコンを選び抜きました!

  •  

  • 【無料】フレッツ光の0円パソコン!ネット契約でもれなく貰える

    ネット契約で「もれなく」無料でパソコンが貰えます。
    こんなお得な情報を紹介しないわけにはいきません。
    学費などで金欠な学生は多いはずです。少しでも節約するならフレッツ光の無料パソコンをおすすめします。

  •  

  • Mac派の大学生におすすめしたい最新MacBookと旧Air

    Macを使いたい大学生に最新MacBookとAirのレビューを書きましたので参考にして下さい。
    当サイトではWindowsをおすすめしていますが、クリエイターを目指している大学生もいると思いますのでMacも紹介しておきます。

  •  

  • 一番人気のノートパソコン選びで失敗しない為に

    一番人気のノートパソコン選びで失敗したくない!そんな方に読んでほしい内容です。
    ノートパソコンランキングを見て安易に一番人気のパソコンを選ぶ際の注意点とノートパソコンの選び方について説明しています。

  •  

  • 大学生に必要なパソコンのスペック

    大学生に必要なスペックについて説明しています。
    大学は理系と文系があって文系なら低スペックでレポートなど書ければいいですが、理系はハードなパソコン処理が多いので負担が大きいです。
    ハードな処理でも対応できる大学生に必要なパソコンのスペックについて勉強しておきましょう。

  •  

  • パソコン購入費用をクレジットカードやローンで考えている大学生は必見

    パソコンをクレジットカード・ローンで購入しようと検討中の大学生に詳しく解説します。