大学生の使うノートPCに「Microsoft Office」は必要?

Officeは大学を卒業した後の就職活動でも役に立つので入れておいて損はありません。

 

また、大学生の場合は授業でOfficeを使う機会が少なからずあるので可能ならば入れることをお勧めします。

 

目次

 

  1. 大学生に無料のOfficeはおすすめできない
  2.  

  3. Officeのソフトが内臓されているPCを購入する際の注意点
  4.  

  5. 大学生がOfficeを購入するならアカデミックパックがおすすめ
  6.  

  7. Officeの3種類のエディションについて

 

スポンサーリンク

 

大学生に無料のOfficeはおすすめできない

正規のMicrosoft Officeのソフトは有料になりますが、Microsoft Officeと互換性がある無料ソフトがいくつか登場をしています

 

そういったソフトを使用することで、費用を抑えることも出来るようです。

 

ただ、互換性は100%というわけではなく、表示がきちんとされなかったり、レイアウトのずれが発生をする可能性がどうしてもあります。

 

Microsoft Officeが入っているPCで確認をしなければ、表示やレイアウトの問題を見つけることは出来ません。

 

また、Microsoft Officeでしか正常に開けないCSVファイルなどもありますので、授業や勉強の際に困らないためにも正規のOfficeを入れておきましょう。

大学とマイクロソフト社が契約を結んでいることもある

大学によっては、マイクロソフト社とライセンス契約を結んでおり、キャンパスアグリーメントと言われるボリュームライセンスが使用出来ることもあるようです。

 

PC購入前にそういったライセンス契約を結んでいないか、大学側に確認をするようにしましょう

Officeのソフトが内臓されているPCを購入する際の注意点

現在販売をされているPCには、Officeのソフトが内臓されているものが非常に多いです。

 

Officeは、資料作成やレポート提出などで多々使用をする機会があると思いますので、Officeが元々付いているPCを選ぶのも良いでしょう。

 

Officeのソフトが内臓されているPCのOfficeタイプは、Office2013OfficePremiumの2種類となっています。

 

Office2013は、2013年版のOfficeですので、年数が経てばソフトとしては古くなります。

 

しかし、OfficePremiumの場合は、新しいOfficeが登場をすれば最新のバージョンに自動的に更新をされるようになっています。

 

常に新しいバージョンのOfficeを使用することが出来るというメリットがあります。

 

また、オンラインストレージOneDrive1TバイトやiPhone・Android・iPadでのOffice製品利用、Skypeでの無料通話(1ヶ月30分)、無償サポート「アンサーデスク」提供といったサービスが、購入から1年以内であれば利用をすることが出来るようにもなっています。

 

2年目以降もこれらのサービスを利用することは出来るのですが、有償になりますので気をつけなければいけません。

大学生がOfficeを購入するならアカデミックパックがおすすめ

マイクロソフト社では、教育関係者向けにアカデミックパックを用意しており、Officeのソフトを安く手に入れることが出来ます。

 

この場合、与えられたシリアルキーを使ってOfficeのソフトをダウンロードしますので、DVDドライブの機能がないPCでも問題ありません。

 

アカデミックパックを利用した場合、PCを買い換えて再度インストールをしても法的な問題はありませんし、
1度にPC2台までOfficeのソフトをインストールすることも許されています。

 

WindowsとMacでは、インストールするOfficeの種類が異なります

 

OSがWindowsの方はWindows版を選ぶようにして、Macの方はMac版を選ぶようにしましょう

 

また、WindowsとMac両方のOSで使用出来るOffice 365 Soloというタイプもありますので、一応ご紹介をしておきます。

 

OfficePremiumというサービスは、PC2台までであればOfficeのソフトをインストールすることが出来ます。

 

このサービスを契約している間というのは、さまざまな有料サービスが月額で利用をすることが出来ます。

 

料金は、月額¥1274年額だと¥12744という契約になります。

 

OfficePremiumを2年使えば、アカデミックパックの料金と同じくらいになるので、
学生の間ずっと使い続けることを考えるとアカデミックパックを選んだ方がお得だと思います。

 

OfficePremiumの方がお得になるのは、WindowsとMacどちらものOCのPCを使っているという場合や、i
Phone、Android、iPad版Officeで編集作業を行なう場合です。

Officeの3種類のエディションについて

私たちが使用をしているOfficeには、3種類のエディションがあります。

 

使用出来るOfficeの数に違いがありますので、自分がどのOfficeを使用するかを考えて選んであげる必要があるのです。

 

Officeのエディションは以下の通りです。

 

  • Personal
  •  

  • Home&Business
  •  

  • Professional

 

Personalでは、WordとExcelOutlookの3つのOfficeが利用でき、Home&Businessでは、それらに加えてPowerPointOnenoteの2つのOfficeが利用をすることが出来ます。

 

Professionalになると全てのOfficeであるWord、Excel、Outlook、PowerPoint、Onenote、Access、Publisherを利用することが出来ます。

 

余程のことがない限り、Home&Businessで十分だと思いますが、学校によって使用しているOfficeの種類が違っていたりしますので、事前に確認をしておくようにしましょう。

 

既に購入してしまったり欲しいPCにMicrosft Officeが搭載されていない場合はこちらからダウンロード版のOfficeを購入してインストールすることも可能です。

 

スポンサーリンク

 

関連ページ一覧

  • 【2018】大学生のための最新ノートパソコン

    2018年におすすめしたいノートパソコンを更新しました!
    中古ノートパソコンがランキング1位と2位になっていてスペックを確認したところ大学生活に欠かせないOffice搭載で3万円以下で購入できてi5搭載のハイスペックPCだったので紹介しています。

  •  

  • 【2017】大学生のための最新ノートパソコン3選

    2017年の大学生には低価格で軽い・コンパクトなノートパソコンをおすすめします!
    Officeを搭載しても5〜6万円台で購入できるので大学生から少し贅沢ですが2台持ちすることも可能です。
    社会人になってパソコンを持ち運びして使うようになれば必ずコンパクトサイズのノートパソコンが必要になるときがあるので持っていて損はありません。

  •  

  • 【2016】大学生のための最新ノートパソコン6選

    高スペック、中スペック、低スペックの順に紹介しています。
    スペックが低くなっていくごとにPCの価格は下がっていきますので自分の使う用途に合わせてノートパソコンを選んでいきましょう。
    中でも大学生に選りすぐりなノートパソコンを選び抜きました!

  •  

  • 【無料】フレッツ光の0円パソコン!ネット契約でもれなく貰える

    ネット契約で「もれなく」無料でパソコンが貰えます。
    こんなお得な情報を紹介しないわけにはいきません。
    学費などで金欠な学生は多いはずです。少しでも節約するならフレッツ光の無料パソコンをおすすめします。

  •  

  • 一番人気のノートパソコン選びで失敗しない為に

    一番人気のノートパソコン選びで失敗したくない!そんな方に読んでほしい内容です。
    ノートパソコンランキングを見て安易に一番人気のパソコンを選ぶ際の注意点とノートパソコンの選び方について説明しています。

  •  

  • 大学生に必要なパソコンのスペック

    大学生に必要なスペックについて説明しています。
    大学は理系と文系があって文系なら低スペックでレポートなど書ければいいですが、理系はハードなパソコン処理が多いので負担が大きいです。
    ハードな処理でも対応できる大学生に必要なパソコンのスペックについて勉強しておきましょう。

  •  

  • ミニノートパソコンってなに?大学生にミニパソはあると便利!?

    ミニノートパソコン(ミニパソ)は大学生にとって必要なのか?これからミニノートパソコンを購入検討されている大学生へ向けてわかりやすく解説しています。

  •  

  • パソコン購入費用をクレジットカードやローンで考えている大学生は必見

    パソコンをクレジットカード・ローンで購入しようと検討中の大学生に詳しく解説します。

  •